無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マホラーハウス

『ライトノベル(電撃文庫) / ロウきゅーぶ! 第10巻』

ロウきゅーぶ!〈10〉 (電撃文庫)ロウきゅーぶ!〈10〉 (電撃文庫)
(2012/02/10)
蒼山 サグ

商品詳細を見る


読み終わりましたッ


えーと、この10巻は短編集、ということで、時系列的には、4巻の前の話とか5巻~7巻の間の話とか、そんな感じでした。

あとがきにも書かれてましたが、真帆&紗季で始まって真帆&紗季で終わるという巻でした。

…だったら、なんで表紙ひなたちゃんなの!?


中身はギャグ重視?でまぁ、笑いつつ、ニヤニヤしつつ、ほんわか~ な感じでした…が

ほんと、最後で全部持っていかれた感じが

もう、ニヤニヤしっぱなしですよ

あれは卑怯だ!!



最後で持っていかれたとも書きましたが 誕生日→遊園地→お化け屋敷→宿題 と話を重ねていってのあれ、って部分もありますしねー

時系列が戻りすぎな感じもしましたが、それはそれで、この10巻として綺麗にまとまっててよかったです。

…なんかヤギの話が浮いてる感じがしますけど…



まぁ、今回はバスケ無しの短編って感じでしたが…次はようやく試合ですかね?



試合終わって、次とかはやっぱ、5年女バスと一緒になって10人になって、冬の大会に出たりするんですかねー?

5年女バスとか、硯谷戦とかはその(みえみえの)伏線だと思うのですが、どうなんでしょう?

逆にこれでそうならなかったらびっくりするかも?



まぁでも…そう考えると、冬の大会終わって、小学校卒業したら…この作品完結なんですかね?

高2になった昴さんの活躍とかも見てみたいんですが、どうなるんでしょう?


まぁ、そんな感じー ではっ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。