無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんじつ

えーっと、今日は・・・

本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/04/20)
田口 仙年堂

商品詳細を見る


読み終わりましたっ


なんていうか、僕が最近読んでるラノベでは珍しく、盛り上がりが中盤くらいにありました

まぁ、そこから最後まで盛り上がりっぱなしという感じの小説でした


・・・なので、読む勢いが止まらない!


これはいいラノベでしたっ



まぁ、でも・・・ちょっと描写がエグく書きすぎてる場面もあったかな?

剣と魔法のファンタジー物で、戦時中の国を舞台にしてるから、かもしれませんが・・・

ちょっとネタバレになりますが、最後の戦闘シーン終わったあと、返り血を浴びて真っ赤になってる主人公とか・・・

命の扱いがちょっとそこらのラノベより重く感じるような書き方でした

というか、まぁ・・・人を殺める という事ですし、本当ならもっともっと重いのかもですが

戦時中・・というか、兵士・・・騎士ということで云々かんぬんなんですかね?



僕としてはでも、軽すぎるよりかはいいと思いますね

それが例え、兵士Aみたいな人や、野盗Bみたいな人でも、ね



もし、アニメ化とかされると、このえぐい描写とか、野盗を殺した云々の会話とかもばっさりカットされちゃいそう?

あの部分がなくなると、普通の王道ファンタジーってな感じになりそう?なのかな?




まぁ、何はともかく、面白かったですっ


バカな主人公とツンデレなお姫様の物語・・・って感じですかね?


田口仙年堂さんの小説は・・・なんだかんだで結構真面目に書いて、それでいていい感じに終わってくれるから好きです

ラフな表現はあまり使わないですが、結構オススメですよー

おもしろかったし!



ではではー

<< さみー
| TOP |
うー >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。